がん保険比較-年齢別に保険料で比較

がん保険 比較

HOME
お気に入りに追加
がん保険を選ぶ時に大事なことは、安心して、がんと戦える収入の確保です。がんは、生存率がどんどん改善して、治療すれば治る病気となってきました。ただがんになると、治療に長い時間が必要な上、治療費代がかかるのが難点です。だからこそ、がん保険でがんに備えましょう。安いものであれば、30代で1000円以下の保険もあります。自分のため、家族のため、備えておきましょう。

がん保険を年齢別に保険料で比較

 がん保険の保険料比較表を一覧にしました。
 30代からがん保険の加入率が40%を超えてくるので、30歳(男性)での保険料で安いがん保険から順にランキング形式で比較しました。

 40代、50代の方であれば、保険料がとても安く感じると思います。
 がん保険は、年齢が若ければ若いほど、安くなります。加入を検討しているのであれば、資料請求をするなど、早めに行動するべきです。

 保険会社により保険料にバラつきがありますが、検討すべきがん保険は2タイプです。

 1.SBI損保のがん保険のように、保険料が安く、治療費をまかなってくれるタイプの保険
 2.あんしん生命アフラックのように、一時金がしっかり出て、闘病時の収入のサポートも可能なオーソドックスながん保険

 理由は、2タイプともにがん治療をトータルにサポートする保険だからです。それ以外の保険は、通院や抗がん剤治療時に保障がないなど、貯金がないと経済的負担が重くなる可能性があります。

 くわしくは正しいがん保険の選び方をご覧ください。

 保険料を払える額にもよりますが、家族を持っているのであれば、もらえる保険金が多くなるあんしん生命、アフラックなどの保険が支えになります。

 がん保険は、加入後90日を経過しないと、保障が開始されません。不安があるのであれば、早めに検討する必要があります。


30歳男性のがん保険 保険料比較

※保険会社ごとに色々なプランがありますが、対応しているものに関しては、一時金、入院給付金、抗がん剤治療をサポートできるプランで比較。トータルにサポートできる保険は、星マークをつけています。
商品名をクリックすると、20~50歳の年齢別の保険料を確認できます。

商品名 保険料 タイプ 備考
SBI損保のがん保険(一時金あり) 970円 定期 治療費を全額補償。一時金100万円
一時金無しなら550円
アクサダイレクトガン終身 1,220円 終身 入院給付金10000円、診断給付金100万円のみ
セコム損保「自由診療メディコム」 1,430円 終身 治療費を全額補償するタイプの保険に
一時金100万円がついたタイプ
アフラック「生きるためのがん保険Days」 1,930円 終身 一時金100万円、入院5000円、通院5000円、
抗がん剤治療給付金月額5万円が出る
AIG富士生命「がんベストゴールドα」 2,206円 終身 一時金100万円のみ
あんしん生命「がん治療支援保険NEO」 2,359円 終身 一時金50万円、入院5000円、通院5000円、
抗がん剤治療給付金10万円、先進医療給付金あり
診断給付金として一時金が何度でも出る
オリックス生命「がん保険ビリーブ」 2,580円 終身 一時金50万円、入院1万円、
治療給付金50万円が何度でもでる

→20代のがん保険はこちら
→30代のがん保険はこちら
→40代のがん保険はこちら
→50代のがん保険はこちら


スポンサード リンク
 

正しいがん保険の選び方

 わたしが考える正しいがん保険の選び方です。
 のこのサイトを見られている方は、がんにある程度の不安を持っている方だと思います。確立的は、2人に1人が「がんになる」と言われていますが、保険会社がいくらか話を盛っており、実際は、それほど高いわけではないと思います。ただ、身近な人が「がん」になれば、備えをしなければいけないと感じるはずです。その大きな理由は、がんの闘病にはお金がかかるからです。

 わたしの母も、半年ほど前にがんになりました。お医者さんから、「ステージで言うと4程度で、悪性リンパ腫です」と言われたときは、本当につらかったものです。早速、治療が始まりました。治療も大変でしたが、経済面も大変です。幸い、アフラックのがん保険に入っていたことと、ある程度のたくわえがあったから良かったのですが、高額療養制度を使っても、差額ベッド代などがあって、最初の1~2ヶ月は、入院代と合わせて、30数万円の請求が病院から来ます。その後、通院治療に切り替わり、抗がん剤治療がメインになるのですが、1回5万円程度で、薬代も2万や3万円を超える程度、月10万円近い請求が高額療養制度があっても、かかってきました。総額を計算してはいませんが、高額療養制度を使っても、約100万円はかかったかと思います。

 わたしの母は、65を超えて、年金生活で、父親も健在で、生活費が入ってこないという心配がなかったのですが、家族を養って働いている自分が同じ状況になっていたらと考えると怖くなりました。

 母はおかげさまで、約5ヶ月ほどの闘病生活を経て回復、一応「寛解」という言葉をお医者さんからもらったので、良かったですが、それもこれも保険や貯金を含め、しっかり闘病できるお金があったからだと思います。

 がん保険に入る場合には、抗がん剤治療を含め、約半年ほどのがんの治療をきっちりサポートできる保険を選ばなくてはいけません。
 

 がんを選ぶ際には、主な保障である一時金、手術、入院のほかに、抗がん剤治療もサポートできる保険を選ばないと、がん治療を通期にわたって経済的にサポートすることができないからです。

 加入者が増える30歳後半、40歳あたりから、がん保険の保険料も上がっていきます。保険を選ぶ際には、安い保険を見ることがあると思います。ただ、保険加入のハードルを下げるために、一時金がないもの、抗がん剤に対する保障がないもがあります。どこかが抜けていると、結果的に経済的負担がつらくなり、安心してがん治療を受けることができなくなります。

 がんは治る病気になってきています。治すためにも、しっかり経済的にサポートできるがん保険を選ぶことが大事です。できる限り、がん治療をトータルにサポートできる保険を選ぶことが正しいがん保険の選び方です。


入っちゃダメながん保険

 がん保険も非常に種類が増えました。どの保険に入ればいいか悩むところですが、入ってはいけない、入ると損をするかもしれないがん保険に注意しなくてはいけません。それは必要な保障が欠けている保険です。

 貯金がある、医療保険等でカバーできる場合は別ですが、普通の人は、がんの保障は、がん保険だけだと思います。1つのがん保険で、がんと戦うのであれば、がんの闘病をトータルにサポートしてくれる保険でないといけません。

 今のがん治療で重要なことは、通院治療の比率が高まっていることです。だからといって、通院給付金があればいいというわけではありません。お金が必要なのは、そこで行われる抗がん剤治療です。3週間に1度程度のペースで、6~8回行うので、薬代、診察代も含めて、毎月高額療養制度の上限分(約8万円程度)、病院への支払いが3~4ヶ月続きます。

 通院が大事だからといって、入院給付金がいらないわけではありません。がんの治療を始めて1~2ヶ月は、集中治療室のようなところで、リアルタイムに経過観察を行うため、個室に入るケースが多いと思います。差額ベッド代が必要になるので、最初の1~2ヶ月は、30万程度の請求が病院から来ることを覚悟しないといけません。この場合に入院給付金が助けになります。1日1万円出ると差額ベッド代を相殺もしくはお釣りが出るくらいになるかと思います。

 最後に一時金です。一時金も非常に大事です。入院給付金などの保険金はすぐ支払われるわけではありません。最初の請求は、立て替える必要が出てきます。一時金は、がんと診断されれば、すぐに支払われるものなので、初回の請求を立て替えることが可能です。そのほかにも、病院のパジャマ代、食事代、通院のためのタクシー代(抗がん剤治療中に歩いて通院することはまず無理です)など、細かく費用はかかります。これらに充当できる一時金は、とてもありがたいものです。

 そのほかにも手術給付金など保険の対象となる項目はありますが、大事なことは、一時金、入院給付金、抗がん剤治療給付金の3つのうちのどれかが欠けている保険は入っちゃダメな保険ということです。

 中には、一時金が多めに出たり、退院一時金名目で、サポートされる保険もあります。その場合でも、それらを含めて、最初の入院、その後の通院と、がんの治療をトータルにサポートできるかどうか、そこが、入っていいがん保険と、入っちゃダメながん保険の違いです。


がん保険とは?がん保険の基本的な保障内容を解説

 まずは、がん保険とはどういう保険かを抑えておく必要があります。がんは、三大疾患と呼ばれる病気の中の一つですが、治療が長引くところが、他の病気との違いです。

  

 最近の傾向として、入院期間は1~2ヶ月と短く、その後は、通院で治療を行い、半年程度で治療が終わり、その後も、1ヶ月単位、または3ヶ月、半年単位で経過をみていかなくてはいけません。

  

 がんの部位によって、治療の仕方は違いますが、手術、入院が終わったあとの数ヶ月、抗がん剤での治療がある場合は、自宅療養でも、仕事などができる状態ではないと考えた方がいいと思います。

 こういった治療になるので、シンプルながん保険では、保障として入院給付金(無制限が一般的)、手術給付金が最初の柱となります。

  

 次の柱が診断一時金です。がんと診断された場合に支払われるもので、保険によって、初回のみ支払われるもの、診断されれば何度も支払われるものなどがあります。

  

 次の柱が通院給付金です。最近の傾向として、通院での治療も多くなってきているので、通院の日数に応じて、支払われるものです。また、通院時に抗がん剤治療を受けるケースも多いことから、抗がん剤治療給付金という名目で給付金が支払われるケースもあります。

  

 そのほかに、退院したときに一時金が支払われるもの、特約扱いで、先進医療を受けた場合に支払われるもの、女性の場合のがんになった場合に支払われるものなどがあります。

  

 がん保険を比較した場合、値段の違いがあるケースでは、一時金が入っていないタイプの保険があります。がん保険を選ぶ場合は、保障内容がどうなっているのか、どういうケースで支払われるのかをしっかり確認する必要があります。

給付金名 支払額の主な目安 内容
入院給付金 日額5,000円・1万円 がんによる入院した日数に応じて支払われる
手術給付金 1回10万円・20万円 がんによる手術を受けた場合に支払われる
診断一時金 1回50万円・100万円 がんであることが確定した場合に支払われる。
保険によって、初回のみのもの、何度でも支払われるものがある。
また、上皮内新生物では、金額が低くなるものもある。
通院給付金 日額5,000円・1万円 がんによる通院の日数に応じて支払われる
抗がん剤治療給付金 1回5万円、月10万円 抗がん剤治療が行われた場合に支払われる
退院一時金 10万円 退院した場合に支払われる
放射線治療給付金 10万円 放射線治療が行われた場合に支払われる
先進医療給付金 通算2000万円 先進医療が行われた場合に支払われる。特約の場合が多い
女性特定ケア給付金 1回20万円 がんの治療を目的として、乳房の切除、子宮、卵巣の摘出が行われた場合に支払われる
乳房再建給付金 1回50万円 乳房再建手術を受けたときに支払われる

スポンサード リンク